アコム審査のスピード

同業他社から見たアコムの審査は適確でスピーディーという定評がありますが、審査のスピードではプロミスに軍配が上がります。

従って、アコムは審査のスピードよりも確実性に定評があると言えます。

業者にとって、個人向無担保カードローンの審査は早いだけでは意味がありません。

業者にとって個人向無担保カードローン審査は、確実性が無ければ何の意味もありません。

つまり、将来のカードローンの返済に問題が無い顧客には素早く審査結果を回答し、将来のカードローン返済に問題がある顧客には融資を断らなければなりません。

その見極めが消費者金融会社にとって、個人向無担保カードローン審査の重要なポイントと言えるのです。

その意味からも、アコムの審査のスピードはプロミスに譲るとしても、アコムの審査の確実性は消費者金融業界でトップクラスであることは間違いありません。

それは、アコムの貸し倒れ比率が、消費者金融業界では最も低いクラスであることからも解かることなのです。

それらのアコムの審査の確実性と財務内容の良さは、経営者の資質と長い経験から来ていると言えます。

アコムは現在の様な体制に成って既に50年以上となりますが、創業者が貸金業を創業したのは1936年に遡ります。

従って、70年以上の無担保カードローンの与信管理のノウハウの蓄積があるのです。

つまり、70年以上の無担保カードローンの与信管理のノウハウが、現在のアコムの「3秒診断」や即日融資のバックボーンになっている訳です。

そして、このアコムの70年以上の無担保カードローンの与信管理ノウハウの蓄積に最も重要性を感じたのは、三菱UFJフィナンシャルグループだった訳です。

そして、アコムにとっては「過払い金返還問題」と「総量規制の導入」で悪化した財務内容を立て直すために、アコムと三菱UFJフィナンシャルグループの利害が一致した訳です。